最近、特にコロナ禍の巣ごもり生活と相まって動画配信サービス(VOD)を利用する人が増えてより一層注目されていますよね。2020年の市場規模は推計3,800億円と言われていて、2015年と比べると2倍以上に成長しています。このままいけば、2025年には市場規模が6,000億円を超えるという予想もあり、これからの成長もかなり期待されているサービスです。

 そういった状況で様々なサービスがどんどん出てきていて、「どれを選んだらいいかわからない...」「本当におすすめのサービスはどれ?」などと選択肢が増えていくとこういった悩みが出てきますよね。

 そこでこの記事では、これから利用しようと考えている人は選ぶ際にチェックしておきたいポイントを、すでに利用している人はこのまま利用してていいのか、他にお得なサービスがあるのかどうかをチェックし、本当に良くかつ自分に合うサービスを見つける手助けになれば嬉しいです。

【最新】主要の動画配信サービス(VOD)は?

・U-NEXT

・Netflix

・Hulu

・Amazon Prime Video

・dTV

・TELASA

・FODプレミアム

・Paravi

・ABEMA

 ここでは9つのサービスを上げましたが、他にも特定のジャンルに特化したサービスなど様々なサービスがあります。VODが注目されている中、上記のサービスの名前を知らない人の方が少ないのではないでしょうか?

 さて、ここからが本記事の本題です。

選ぶ際に大事なチェックポイントとは?

 動画配信サービス(VOD)とは、毎月決められた料金を支払えばドラマや映画などの動画がいくつでも見放題になるといったサービスです。

 選ぶ際には、下記3つの大事なチェックポイントがあります。

CHECK POINT !
  1. 自分の視聴したいジャンルの作品は十分にあるか?
  2. 料金とのコスパはどうか?
  3. 快適に視聴できるような機能などのサービスはあるか?

自分の視聴したいジャンル作品は十分にあるか?

 まずは気になっているサービスに好みの作品・ジャンルがあるのかどうかを見る必要があります。

 主なジャンルは映画・ドラマ・アニメの3つに分けられますが、それだけだと不十分なのでもう少し詳しい所まで見る必要があります。例えば、ドラマなら国内ドラマより海外ドラマが、国外のドラマでも特に韓国ドラマが見たいといったように自分の好きなジャンルがありますよね?そこまでチェックして選ばないと利用を始めた後で後悔することになってしまいます。そうならないためにもポイントを抑えて見てみましょう。

CHECK POINT !

・旧作から新作まで豊富に揃えられているか

・配信されている本数

・作品追加の頻度はどうか

 特に海外ドラマに言える事ですが、最新のシーズンが配信されているか、ちゃんとシーズン1から配信されてるかどうかも事前に調べておきましょう。実際に私はサービスに加入した後で最初の数シーズンが配信されてない(配信終了)事に気付き、また別のサービスを利用したという事があったので要注意です...

2
料金とのコスパはどうか?

 2つ目には料金とのコスパです。やっぱり誰でも料金は気にしますよね?

 サービスによって料金は変わってきますが、中には最新作のレンタルなどに使えるポイントが毎月もらえたり、独占配信されている見放題作品があったりするので比較してコスパの良いサービスを選んでみてください。

快適に視聴できるような機能サービスはあるか?

 最後のポイントは快適になる機能やサービスの有無です。ここは使用環境やスタイルによって差があるので一概には言えませんがチェックしておきたいポイントは...

対応デバイス対応画質1つのアカウントで共有可能なデバイス数オフライン視聴(ダウンロード)

このポイントをしっかり比較すれば快適なVOD生活を送れるでしょう。他に動画以外のサービス(漫画や雑誌)の有無もチェックしておけば問題なしです。

【最新】主要の動画配信サービスを比較!

簡単に表にまとめました!
VOD 月額(税込) 作品数 無料体験 オフライン 同時視聴
2,189円 21万本以上 31日間 4台
990円〜 未公開 1〜4台
1,026円 7万本以上 2週間
500円 未公開 30日間 3台
550円 12万本以上 31日間
976円 5万本以上 2週間
1,017円 未公開 2週間
960円 1.5万本以上 2週間 2台

 どうでしょうか?ぱっと見ですが良さそうなサービスはありましたか?

 ここからは個人的おすすめランキングとサービスの特徴も見ていきましょう。

とりあえず無料で試してみる

VODの関連記事
おすすめの記事